腰痛・肩こり・頭痛・ぎっくり腰などの辛い症状のお悩み解決を、道具を使った施術とマッサージでサポートする一宮市の整体院

愛知県一宮市柳戸町1-23  一宮駅より南東へ1キロ。法務局南東カド

受付時間:10時から12時/14時から19時(日曜・祭日を除く ※ぎっくり腰・むちうち症、寝違えの初回は無休)

お気軽にお問合せください

0586-24-5681

側弯症(Cカーブ・Sカーブ)

側弯症は、なぜ起こるのか?

原因不明の側弯症を突発性側弯症といわれますが、
側弯症が起こる手前の一因として次のことが考えられる。


 ●腸腰筋の不均等

  腸腰筋の不均等などで腰椎にねじれ・カーブが起きる。その為、片側の背中の部分の筋肉

  に強いつっぱりが取れなくなった・片側の腰筋・臀部筋に強いコリ、ツッパリが来て取れ

  なくなったなどの自覚症状があらわれる。

 ●夜更かし、過労などの肉体疲労

  立っていても・座っていても腰や背中の筋肉こりが苦痛になる。

  その為、筋肉のこりを逃がす姿勢自体が脊柱をさらにゆがめカツねじる原因となる。  


 ●中高校生の突発性側弯症と診断された方の中には、背中のこり・つっぱり・腰張り

  といった症状があっても自覚しないため放置していて背骨のねじれの原因をつくって

  しまったのではないか。


 ●就寝中の不良姿勢

  夜寝ていても3時間ぐらいすると腰の痛み・腰痛・腰のつり・背中痛で目が覚める。

  背中痛が辛い、ぐっすり眠れないなどから本人にとって楽な姿勢は背骨をねじった

  不良姿勢で寝ている。

 前後の生理的弯曲Sカーブを左右横に逃がしたのが脊椎でみる側弯症である。

側弯症の施術

側弯症 Sカーブ Cカーブ

突発性側弯症は、定期的な施術が必要なため限定料金です。

突発性側弯症の中高校生限定!   3,000円

施術内容

 ◆運動・呼吸法とりいれています。

 ◆形状変位をなくす方に誘導します。
  腰、胸郭、肩が交互に回旋しているので、それを正常な
  方向に手助けします。

 ◆3次元の背骨矯正、体幹に働く筋肉を神経支配から整えます。

 ◆土台を安定させる3次元の骨盤矯正をします。

 ◆生活指導をします。

 

現在、高校生の突発性側弯症を木づち療法で施術中です。
背中のはりが取れた。腰のはりが取れた。仰臥位で就寝していても背中が痛くなくなった。
2週間くらい楽になった状態が続きます。
軽減中に次の施術を行なうことによって、施術効果が高められます。

楽な状態を維持するために 継続して施術を受けられる。

 

<良くない例>

 日々の睡眠不足

 過度の運動で背中の筋肉疲労が残る。

 背中のコリをかばった姿勢を取り続ける。

単なる側弯症
80代の腰の側弯症が、木づち療法で背骨の曲がりが改善され腰の痛みが取れ、脚の運びが楽になりました。 筋肉の硬縮(正しくは、拘縮)のため歩き始めの1歩が固まっているのが取れる。施術後、3週間ほど持続できる。
 

側弯症とずれた背骨と こった筋肉・神経の関係

私たちは、毎日の生活の中で、疲れやストレスなどにより、知らず知らずのうちに筋肉を硬縮させています。長い間、硬縮状態が続くと、それがやがて骨をゆがめることになります。
 少しぐらいの疲れや無理なら、寝れば取れますが、いつも無理を重ねていると、ついには疲れが残るようになります。疲れが抜けない状態が長く続けば、筋肉の硬縮がおき、身体をゆがめます。背中の筋肉、特に首の筋肉、腰の筋肉の硬縮、こりは椎間板に負荷加重を常にかけていることにまります。
 
 身体がゆがむと、そのゆがんだ姿勢をとる方が楽になってきます。しかし、それは、こったところの筋肉をかばう姿勢を取っていることになるのです。
 脊柱の側弯・脊柱のねじれをつくる。

 

見た目の違い(容姿)としては、
・片方の肩甲骨が上がっている
・右(左は数が少ない)肩が上がっている。
・お辞儀をしたとき左右の肩甲骨の高さが違う。

・右()側よりも左()側のウエストにくびれがない。
・腰の左右差がある
・脚が外を向いている
・首が右斜めに傾いている

 
 といった外観だけを見て、その部分を反対方向に持って行けばよいというものではありません。

なぜ、
うつ伏せにて、単に足の長さを整える(調整)→ →骨格のゆがみ/背骨のゆがみが整ったと判断していいのか?
(注) 当整体院なら、重力がかかった状態(立っている状態、いすの腰掛けている状態-日常生活の中)での背骨の状態、骨盤の水平を視て整えます。
立っている状態で背骨などを視れば、そのゆがみは残っている可能性は大です。
*背骨のゆがみから出る症状として手足のしびれ、筋肉のつっぱり、こり、痛みなどです。

手の長さを整える(調整)→ →骨的に視れば、腕の骨ははなんと鎖骨についています。
左右の筋肉のバランス、コリが緩んだだけその差はなくなりますが、はたしてこりに関して何日有効なのか。毎回同じことの繰り返しなのか?
 

  私なら、そのような不良姿勢になった原因は、「ずれた背骨と こった筋肉・神経の関係」にあると考えるからです。

 実務においてもそういえます。
1回目の施術はまさに整体のみ。背骨のずれが背中の筋肉を緊張させていたのを知っていただくためにあえて初回は整体のみです。
 筋肉をゆるめるためのマッーサージは一切ありません。


背骨から出た末梢神経は、筋肉を支配し、知覚を支配します。
 ずれた背骨によって、筋力低下、筋肉が変にこる、知覚マヒ(しびれ)といった症状が出てくるのです。

 

症状・施術内容

中・高校生の場合の施術は、側彎の進行を抑えるのと、肩甲骨のこり、腰痛、頭痛の解消です。

大人の側弯症の場合肩甲骨内側のこり、コリ痛み、2次的に腰痛、頭痛が出る。その症状の緩和のための施術が中心になります

40代で曲がりが一段と進む事があります

 

突発性側弯症になる原因1つとして治療経験から言えることは

肩甲骨の内側の(それ自体が胸椎2から7のずれ)、頸椎のずれからくる神経支配による筋肉のこり。それらの筋肉のこりを逃がす姿勢を続けると側弯になる。

 

体験者の声に答えを見出す。 

 肩甲骨内側のコリと座禅時の姿勢・コリを逃がした姿勢の違い

 

 

側弯症の人はどんな症状があり、整体でなにがかわりますか?

施術によって 背中のはり・つっぱり感・痛み、腰のはり、腰痛などを緩和できる。筋肉のはりが取れることによって背骨の弯曲の進行を遅らす又は、止めることができると思います。

側弯症の患者さんの事例

体質改善にもつながった!

突発性側弯症・脊柱側弯症・大人・中高校生の側弯症・S字背骨(S字カーブ)

当院に来られた方の症状側弯症の体型・容姿以外に、背中の張り、背中痛・肩こり・首筋のこりから来る頭痛もち、腰痛もちの症状がある

 その他、側弯からくる不快な症状として、
 満員電車で通学するのが耐えられなく(息苦しくて)途中下車してしまう。
 5分ほどの自転車でも息苦しさを感じる。・・・当整体法で呼吸が楽になる。
 腰部・ウエスト部の皮膚の黒ずみに対しては、10回ぐらいの施術にて皮膚面の血行がよくなり色が薄くなる。

 これらの症状が整体で早期(3回目には)に変わりはじめているのが実感できる。立ってても、座っててもすぐに腰が痛くなる。背部のコリ痛みがなくなる。よって授業にも集中できる。
 条件しだいでは1回目の施術により背筋が伸びた感じが得られでしょう。背中の筋肉のはりが少なくなったことを意味します。

 1回目の施術はまさに整体のみ
背骨のずれが背中の筋肉を緊張させていたのを知っていただくためにあえて初回は整体のみです。

 筋肉をゆるめるためのマッーサージは一切ありません。
 当整体院の施術後の養生を含め家庭でのストレッチをしない。
それは、
 整体の技術および受け手の体の反応(どれほど施術間隔があけれるか・体が楽であったか)を知っていただくためである。
施術期間中、家庭において筋肉の張りに対してのストレッチをしていれば施術効果に対する正しい判断ができなくなる。
 これが重要です。

突発性側弯症の施術において体幹の回旋をするストレッチは、勧めていません。
 施術前後の身長測定をします。
他の症例・症状でも言える事ですが
 なかには1回目・2回目 反応なし(背骨のズレ幅と期間が長いため)
 反応とは、体が軽くなった・背が伸びた・可動域の改善など

  3回目その場では反応無し。翌日の朝 背中の筋に痛みが出た
  解釈:背中の筋肉の張りが少なくなった事による可動域の改善中の自然な痛み
 筋肉が緩み始めの状態のときにおこなうストレッチ・可動域いっぱいまでの動作は痛みを伴います。
 2日ほど可動域の8分目に抑えていれば痛みはおさまります。好転反応。

問題 どちらを重症とみるか
 首の可動域が正常の半分しかいかないが痛くはない場合は
     重症・慢性の寝違い、首筋のつっぱりがある
 首の可動域は正常だがいっぱい近くまでいくと痛い場合は
      軽症・急性の寝違い、首筋のつっぱりはない


 以前よりよい姿勢に改善できる。症状の改善は予想以上。

コブ法で50°前後の高校生の場合、 
 施術間隔 5日から7日後を3回から5回、10日後を2回から10回、14日を機に継続施術を5回(14日目の施術前の体調維持されていたかが重要です)。

 突発性側弯症の症状からくる容姿の変化に思春期の中高生は悩やまれることも多い。側面のでっぱりや背骨の横ふりが施術直後は、少なくなる。
 回数を重ねると容姿が良くなったと家族から言われ喜ばれている。

 

コブ法で20°から25°の高校生の場合、 
施術間隔 1回目から14日おきの施術(14日目の施術前の体調維持されていたかが重要です)。首肩のコリが楽になる。
 整体の施術直前の写真と直後の写真ではあまり価値がない。14日後の施術直前の写真があって始めてその姿勢の評価が出来る。
14日間 いい姿勢が保たれていたのかを問われるべきである。
 その他 本人の自覚症状の軽減度です。

 家庭においてストレッチをしていたのでは、整体によって筋肉のコリがどれだけ改善されたのか正しい判断が出来ない。

 当整体院では写真を撮りません。辛い思いをさせたくないからです。
 家族の方がその姿勢を判断されればよいと思います。

容姿検査および測定・観察
   ウエスト部のくびれ差を視る
   おじぎ前屈時の左右の肋骨の高低差を視る
   ※ご希望があれば、施術数回後に比較するために 患者さん自身のカメラで
    写真撮影します。

 背中の張り、背中痛・肩こり首筋のこりから来る頭痛もち、腰痛もちの症状の軽減は自分で分かるからよくなっていっているかが判断できる。
 背中のつっぱり・こり痛みが以前より少なくなっていっている。
 背中の筋肉・腰が以前より楽になった状態が長持ちすること。

 15回目の施術後には21日ぐらいの施術間隔まで持っていけること。

 当整体院の施術は、腰椎のねじれからくるウエストのくびれの左右差を少なくするように手助けする。背中痛、背中のコリ、極度の腰の張りが軽減される。