一宮市柳戸町1丁目23番地  一宮駅より南東へ1キロ。法務局南東カド

営業時間:9時30分~19時30分(日曜・祭日を除く ※ぎっくり腰・むちうち症、寝違えの初回は無休)

お気軽にお問合せください
0586-24-5681

LINE・WEBからのご予約も受付けています!

コロナウィルス感染予防対策

1 新型コロナウイルス対策をしている
「安全・安心なお店つくり」

コロナ対策を徹底して不安を解消

来院時に指先の消毒と検温をお願いしています。

1人のお客様ごとに実施

・手洗い  ・矯正道具を除菌

・お客様ごとに手洗いとタオルを交換

・極力イスに腰かけた状態での短時間施術をします

・手で触るところのドアノブ、机、イスは除菌ペーパータオル拭き

・ベッドカバー・かごを除菌スプレーします。

・設備の対策(アルコール消毒・衣類の洗濯・会計の工夫=ペイペイ)

★室内の換気(30分おき&トイレは常時機械換気)、加湿器付き空気清浄機プラズマ。

★トイレの便器、表も裏も除菌。スリッパ除菌(1日2回)

 

2 体調管理

・おでこで検温測定(朝・昼・夜)

・院長の感染予防(マスク・手洗い・うがい・健康管理)

*院長の健康管理=胸腺にオゾン。光線療法、吸い玉、ビワ葉温灸

  睡眠を十分とる事、時々スクワット。炭酸泉温浴月に2回

 

 

3 施術時の対策

 

新型コロナウイルスの感染に伴い、

◎ イス式での矯正を主に行います!

☆ 短時間施術でも持続効果大あり

  • マスクを着用させていただきます。
  • 入口にアルコール消毒液設置
  • 換気+1人ごとに手洗い、タオル交換

※厚労労働省のホーム・新型コロナウイルス感染症について

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

 

4 自らの免疫力を高める

メディアではコロナ対策として・・・・・毎日似たり寄ったりの情報を流しています。

コロナ対策=3蜜避ける(蜜集・蜜接、蜜閉)

免疫力を高めるには、納豆と野菜、ヨーグルトを食べる。

と言われているが、それだけじゃ足りないです。

 

整体師が書いた免疫についての紹介本『正しい整体師の選び方」森康真著 2003年発行

より、免疫の関するところを抜粋しました。

・免疫機能を高めるには血液・リンパ液の循環を改善する。つまり、歩く、自転車をこぐなど運動をして血液、

そのほか、リンパ液、脳脊髄液などの循環をよくする。(P132 要約) 

運動によって一時的に体温を上がるこで免疫力を高めます。

 

・ヒマシ油温シップによって血液、リンパの流れを良くする。(P126~。図入り)

・小腸で血液を作る説。腸にあるパイエム板でリンパを作る(P132)

 

・家庭療法で血行を良くする方法として、蒸しタオル指圧療法(P149)、足圧法(P147図入り)、真向法(P152図入り、ストレッチ本の紹介元祖的存在=脳梗塞の体験をもとに)ある。(P23)

・オイルマッサージは疲労回復、循環系の活性化に効果がある。(P133)

・吸い玉/カップリング冷えとむくみ対策(P177、154)

・胸腺に対しては叩打刺激をする。(P130)

『背骨のズレを直して血液・リンパの流れを良くすれば免疫力を高めることに繋がります』

・免疫力を高めるには、肝臓・脾臓に行っている神経の調整(胸椎9・10のズレを直す)と良い。(P130)

・手足の冷え(p22その他) 背骨のズレからくることもあります。

 

その他食事内容(P204~)によっても冷えが来ます。たとえば、ダイエットとか極端な菜食主義者です。

・胃腸系(消化器系)を丈夫にする。胃弱、便秘の改善

・肥田式強健術における食事(P204~) 大豆、ゴマ、海藻類、酵素(P213)

 

  以上本の内容

 
 

お問合せ・電話相談室はこちら

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

0586-24-5681

LINEからのご予約も受付けております。

営業時間
9時30~19時30分
定休日
日曜・祭日