腰痛・肩こり・頭痛・ぎっくり腰などの辛い症状のお悩み解決を、道具を使った施術とマッサージでサポートする一宮市の整体院

愛知県一宮市柳戸町1-23  一宮駅より南東へ1キロ。法務局南東カド

受付時間:10時から12時/14時から19時(日曜・祭日を除く ※ぎっくり腰・むちうち症、寝違えの初回は無休)

お気軽にお問合せください

0586-24-5681

よくあるご質問

 初回のみ¥6,000を¥4,000で施術します。ホームページを見たとお伝えください。 

体験談は あなたのガイド! 同様に取れていきます
ずれた背骨を狙い打ちの背骨矯正・3次元骨盤矯正

よくあるご質問

よくあるご質問

ここではよくあるご質問をご紹介します。

整体院に関するご質問

  • 口コミで評判の整体院に行ったが思うように症状が取れていないのはなぜか
  • 骨のずれはどうしたときにおきますか?
  •  
  •  
  •  

腰痛に関するご質問

  • 腰痛の原因は何なのでしょうか?
  • ぎっくり腰とは?
  • 相談したい時はどうしたらいいんですか?
  • 相談したい時はどうしたらいいんですか?
  • 相談したい時はどうしたらいいんですか?

腰痛に関する質問

1腰痛の原因は何なのでしょうか?

腰の周辺の筋肉がいつも緊張していて硬くなっていることです

たとえば、「ぎっくり腰」は疲労や筋肉の衰えが原因とよく言われていますが、一椎(つい)一椎ずれた骨を直す整体なら、その場で痛みが軽減または消失します。 

  これは、骨のずれが原因でぎっくり腰、急性腰痛になったことの証明であります。

 【結論】

  腰痛の本当の原因は、バランスの悪い腰椎(背骨のずれ)、その他 体のゆがみなどからくることが多いです。 

【医学的解説】

  腰の周辺の筋肉がいつも緊張していて硬くなっていると、いつ ぎっくり腰、腰痛をやっても不思議ではありません。腰椎(つい)がずれていると、椎間孔での神経圧迫がおこったり、筋肉に対する神経支配が狂ってきて、腰の痛み、腰張り、だるかったり、重く感じられる(体の異常Aという症状が出てきます。

  そのような体からの異常メッセージを無視していると、ある日突然、急性腰痛になるのです。 

  「仕事が忙しいから」といって、体の異常(Aを無視したり、さらに強い警告を無視していると、いわゆる腰痛症、椎間板ヘルニアと診断されることになります。

  そうなると、痛み止めの薬も効かなくなりますし、筋肉のこわばり、つっぱりが出て、スムーズに歩けなくなる事態にまで陥ります。

 腰の激痛のために会社などを休まなくてはならなくなる。

車の乗り降りに激痛、さらには運転も腰が痛くてできない状態に陥る。商品・サービスについてご不明点がございましたら、どうぞお気軽に弊社サポートセンターまでお問合せください。メールでのお問合せも受け付けております。

2ぎっくり腰とは

ぎっくり腰とは

 普段から腰の健康状態がよくない、たとえば他人より疲れ張ってくる(疲れ腰、腰張り)、立っていると腰がだんだん重くなる(腰重)といった人が、そのような腰の危険信号である警告(体の異常A)をいつまでも無視して、体にかなりの負担を強いると、突然、腰に激痛がやってきます。 

 これがぎっくり腰です。 

  例えば.....

  ・手を伸ばして吊り戸棚に入っているものを取ろうとしたとき。

  ・セキやくしゃみをしたとき。

   ・腰張りの人が、危険回避などのために急な動作をしたときその瞬間に腰に

  激痛がきます。

   経験のない人は、「なんで?」 「どうして?」 と思われるかも知れませんが、「そのとき、腰に痛みが来た」のです。

   腰痛になる人は、腰痛になるだけの骨のずれがすでにあります。

 

 【治療編】

 1日、安静にして家で寝ていたら、あんなに腰が痛くて動けなかったのが治っていた。「エへへ儲けもの?」 本当にそうでしょうか。

 1、1日安静にして寝てたらで治った!
   実は、筋肉の痛みが引いているだけで骨のずれは直っていません。

 2、 施術するとその場で改善された腰痛もある。
   ずれからくる痛みだったので 整体師の技術によって改善されました。

 3、7日寝ていても取れない激痛腰痛 (痛み止めもきかず) もあります。
   骨のずれがひどいまたは、複数のずれがあると筋肉の限界を超えるため
   なかなか痛みがとれません。すべてのずれた骨をもとに戻す施術が必要です。

どの場合でも骨のずれを直せる整体師にかかれば
症状はすみやかに消えます。

施術回数の参考は体験談を参照

個人差を訴える他院とは違って症状の改善に個人差はない。

ズレた骨を直したか直さなかったかの違いである。

3ぎっくり腰・腰痛をおこしやすい人はいますか

足腰の冷え、背中・腰の張り(筋肉の緊張)、脚(太ももから下)の後側のつっぱり感(筋肉の緊張、筋肉が硬い)、背中のの筋肉の張りに左右の大きな差がある人が腰痛を起こしやすいです。

前屈が少ない人。

(床上20センチ以上指先が上にくる)

 脚の後側・腰部の筋肉の筋肉が異常に硬く、前屈しても地面に指先が届かない。

 筋肉のはる部位の危険順位
    腰の筋肉>大腿後側の筋肉>下腿後側の筋肉 

② 朝起きたとき腰がこわばっている人

③ 同じ姿勢(腰かけている姿勢)でいると、腰がこわばる、重くなる人。

④ 超慢性腰痛型(すべり症を除き腰椎が直固定型・後弯固定型とひざ曲がり)の人

  

 *②から③の症状の方は、慢性腰痛の仲間入りをしています。

 *①から③の症状の方は、すでに骨のずれからくる筋肉の硬縮が出ています。

(注) 硬縮は医学的用語ではありません。正しくは拘縮です。
    股関節が軟らかい人は、手のひらがついやすい場合があります。

 このような場合、単にストレッチで筋肉を伸ばせばよいというものではありません。

4腰痛を繰り返すとヘルニアになるわけは

ひどいギックリ腰を3回以上すると、ヘルニア型(腰から脚にかけての激痛、足のしびれなどの症状)になられる可能性が高くなります。

急性腰痛のときズレた骨を直しておかないと2回目3回目に従うたびにずれた骨がさらにずれてきて腰の神経を圧迫すればさらに支配筋領域の筋肉を硬化(こり、はり)させる。

よって、腰の筋肉のはりがますます強くなり、それが1日中続く。上の骨と下の骨のあいだにある椎間板を1日中おさえ続けることになる(負荷加重の増加)。

 腰の筋肉の強度のこりによって椎間板に加わる負荷加重の増加がヘルニアの原因の可能性は高い。

  慢性腰痛で多い寝腰、寝床から起きようとすると腰が張っている。本来なら、寝ている間に腰の筋肉疲労が取れていなくてはおかしい。

椎間板の負荷荷重により椎間板が悲鳴を上げる。髄核が脱出して神経を圧迫する。

当整体院に来られた方の情報から判断してそう、言えます。

 

【結論】

腰の筋肉の硬縮、こりが常に椎間板に負荷加重をかけていて限界を超えるとヘルニアになる。

 椎間板ヘルニアとは椎間板・線維輪に亀裂が入って、内部の髄核が脱出して神経を圧迫した状態をいう。

 【忠告】

急性腰痛を繰り返せばヘルニアに悪化する。よって、腰痛の具体的な症状が出ている場合 速やかに 背骨のずれ、骨盤のずれなどの直しされたほうがよろしいです。

 つまり、体からの訴えをいつまでも無視し続けると、

        「あ、やってしまった。ギックリ腰」なります。

     ギックリ腰を3回以上するとヘルニア型に移行する。

5椎間板ヘルニアと診断されたが、整体を受けていいですか?

尿閉がある場合を除いて受けていただけます。

尿閉がある場合はまず、病院へ駆け込むこと。

それ以外が施術の対象となります。が、筋力が著しく低下している方は施術を受けて頂けない場合があります。

 骨のずれを直すことによってその痛みやしびれ、筋力低下が取れていきます。

激痛、足へのしびれといった症状が出たときは、早めに来院されれば、その場で痛みが軽減されるので実務経験上、心配はないでしょう。

腰の筋肉の硬縮(こり)が緩む。

 

 <腰の筋肉の硬縮、こりは椎間板に負荷加重を常にかけているとヘルニアになる>

 少しぐらいの疲れや無理なら、寝れば取れますが、いつも無理を重ねていると、ついには疲れが残るようになります。

 

疲れが抜けない状態が長く続けば、筋肉の硬縮がおき、身体をゆがめます。

背中の筋肉、特に首の筋肉、腰の筋肉の硬縮、こりは椎間板に負荷加重を常にかけていることになります。

 

 寝腰の状態は、常に椎間板に負担をかけている状態(日中の腰張りも加わり)であり、いつかは椎間板がパンクする。ヘルニアになる。

 

6

7

アクセス

予約制 P2台

0586-24-5681

住所

愛知県一宮市柳戸町1-23

尾張一宮駅、名鉄一宮駅からともに徒歩12分

営業時間

午前:10時から12時
午後:14時から19時

休業日

日曜・祭日

※ぎっくり腰・むちうち症、寝違えは、定休日でも施術します

お気軽にお電話ください

0586-24-5681

モリケン整体